TEL
029-272-5184

医療安全への取り組み

医療安全への取り組み

医療の質の向上と安全の確保は、私達医療者が取り組むべき最優先課題です。当院は、『医療安全管理指針』を掲げ、医療安全管理者、医療安全管理室、医療安全管理委員会、リスクマネジメント部会、リスクマネージャーが中心となり、安全が確保できる良好なチームワークとシステムの構築を推進するために病院全体で取り組んでいます。

『地域に信頼される病院』を理念とし、病院長の指揮のもと、患者さんとご家族、職員の皆さんが安心して過ごせる病院づくりを目指しています。

当院の医療安全の主な取り組み

  1. 事例検討会
  2. インシデント・アクシデント報告のデータ分析
  3. 再発防止に向けた対応策報告と院内周知
  4. 患者さんからの相談・意見の尊重と業務改善
  5. 医療安全に関するマニュアル作成・見直し
  6. 職員教育・定期的な研修会の開催
  7. 病院巡回と改善指導
  8. 医療安全に関する情報提供
医療安全研修
委員会風景
院内ラウンド

患者さんへのお願い

医療安全の取り組みには、患者さんとご家族のご協力がかかせません。医療安全は、患者さんと職員がともに実践することが重要であると当院は考えております。そのため、患者さん参加型の取り組みも導入しております。ご理解とご協力をお願いいたします。ご意見などございましたら、お気軽にお寄せください。

お名前の確認について

患者間違いを防ぐために、患者さんにフルネームを言って頂いています。

ネームバンドについて

患者さんの治療には多くの医療者が関わります。患者確認を確実にするために、入院中はネームバンドの装着をお願いしております。点滴・検査・手術等を行う際は、ネームバンドを用いて確認させていただきます。

ネームバンド
お薬手帳の持参

病院では、患者さんが今どのようなお薬を飲んでいるか確認をしています。間違ったお薬の情報は治療に影響を及ぼします。お薬手帳を持参して、正確な情報をお伝え下さい。

お薬手帳
転倒転落予防

入院中は環境の変化や、筋力や体力の低下から予想以上に転びやすい状況になります。転倒・転落防止の為に、予防策をご提案いたします。注意とご協力をお願いします。

患者様・ご家族様への注意とお願い

関連施設

神保記念 水戸ガンマハウス
介護老人保健施設 勝田