病院のご案内

平成28年度 勝田病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 1. 年齢階級別退院患者数
  2. 2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. 7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 15 26 67 97 246 316 300 115

平成28年度の全退院患者数は1186件でした。平成27年度に比べ約300件増加しました。高齢化が進んでいる今、60歳以上の患者様の割合が82.3%を占めています。年代別で見ると70代・80代の患者数は300件を超えています。平成28年度には外科に常勤医師が2名入職しており、平成29年度には神経内科1名、呼吸器内科1名の常勤医師が入職しており検査、手術にも力をいれており60歳未満の患者様も増加となっています。
※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症 50 22.44 9.33 2.00% 83.82
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 42 23.74 21.25 4.76% 87.86
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 18 5.56 5.24 0.00% 61.72
060330xx02xxxx 胆嚢疾患’胆嚢結石など) 13 11.31 6.82 0.00% 63.77
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 12 2.67 3.00 0.00% 73.92

当科では外傷、腫瘍等の診療を行なっています。患者数的には5番目の人数となる小腸大腸の良性疾患ですが、この疾患は内視鏡で治療を行うことで、患者様の苦痛を早く和らげるように努めています。外科の常勤医師は5名おり内視鏡的治療や胆嚢や胆管の腫瘍や結石等の患者様も増加しております。 ※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 13 40.38 20.57 15.38% 78.31
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 11 27.82 10.31 0.00% 78.31
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 15.97
160820xx99xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 21.33
160660xxxx0xxx 皮下軟部損傷・挫滅損傷、開放創 10.41

当科では脊椎、手、足関節、肘、膝、頚椎、腰椎等の幅広い疾患の治療を行なっています。患者様は近隣の総合病院からの紹介が多く、手術後の患者様に早期のリハビリテーションの介入を目指しております。手術後の患者様で平均年齢も80歳前後となり、症状回復後、日常生活を取り戻すことにリハビリテーションを行なうので平均在院日数は長くなることが多くなっています。
※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx99030x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 36 2.97 9.60 86.11% 67.67
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 32 3.63 11.54 9.38% 63.25
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 19.35
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 5.24
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 16.54

当科では脳腫瘍の患者様を多く診療しています。当院にはガンマナイフの施設があり脳腫瘍を切らずに治す治療を行なっています。ガンマナイフ治療を当院では2泊3日で行なっているので平均在院日数も全国平均より大変短くなっています。
※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置2-なし 副傷病なし 12 44.58 12.84 25.00% 78.25
110280xx99001x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置2-なし 副傷病あり 20.88
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置2-1あり 副傷病なし 14.77
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 5.25
050130xx99000x 心不全 手術なし 17.95

当科では慢性腎不全の患者様を数多く診療しています。維持透析の機器も最新型を数多く揃えています。高齢者の入院が多く病状回復後、日常生活を取り戻すことを目的としてリハビリテーション等を行うので平均在院日数は長くなることが多くなっています。退院後も外来にてしっかりとしたフォローを行なっております。
※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 18 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院では癌の患者様は少ないことが分かります。近隣の総合病院で手術、治療後に転院してこられることが多いです。現在は外科の常勤医師が5名体制となっており当院で癌の発見、手術、治療が可能となりましたので増加しております。
※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード
患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症
中等症
重症
超重症
不明

患者数は少ないですが、患者数が最も多いのは中等症の患者様となっております。平均年齢も80歳を超えており、高齢になるほど重症化し、平均在院日数も長くなっております。
※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 26 48.04 79.46 9.09%
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他

脳卒中の患者様は誤嚥性肺炎同様に高齢者に多くみられる疾患です。高齢化が進んでいるひたちなか市においても適切な治療、検査ができ、可能な限り早期にリハビリテーションを介入させて後遺症が残らないように診療を行なっております。当院ではリハビリテーションも充実しているので近隣の医療機関からの紹介も多いです。
※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

呼吸器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)

高齢の方の入院が多く、治療中、治療後も経口で食事が摂れない方がいらっしゃるので件数は多くはありませんが胃瘻の造設術を行なっております。術後は経口で食事が摂れるように早期のリハビリテーションの介入を行なっております。
※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満) 66 0.24 1.17 1.52% 69.88
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 25 34.20 76.48 8.00% 85.40
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 20 5.15 10.2 5.00% 62.75
K6335 鼠径ヘルニア手術 10 1.10 5.00 0.00% 59.80
K7433 痔核手術(脱肛を含む)PPH

患者様に負担の少ない腹腔鏡や内視鏡での手術を積極的に行っております。現在は外科の常勤医師が5名体制となっており悪性手術等の手術も積極的に行っております。
※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術

慢性腎不全の患者様が多くおり、件数は少ないですが透析を行なうための内シャントの設置術を行なっております。
※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる

重篤な疾患である播種性血管内症候群、敗血症、その他の真菌感染症について発生率を集計しています。その重篤な疾患が、入院のきっかけとなった病名と「同一」か「異なる」かの内訳を示しています。当院ではほとんど重篤な疾患はありませんでした。播種性血管内症候群、敗血症、その他の真菌感染症も手術、処置の合併症も臨床上ゼロには成りえないものですが、細心の注意を払い治療を行なっております。また、起こりえる合併症については、事前に十分に説明させていただくように務めております。
※症例数・患者数が10件未満の場合はー(ハイフン)を記載しています。

更新履歴

平成29年9月 初版作成

ページトップへ

ホーム病院のご案内外来のご案内入院のご案内採用情報交通アクセス水戸ガンマハウス関連リンクプライバシー・ポリシー